積立投資って?


現代の金利での預金ではお金は中々増えません。

日本の銀行では預金金利も下がっていて、いくらお金を預けていてもそれが大きく増えることは期待しにくい状況です。そのため、長期的な資産運用を行なうことを考えると、もっと効果的で効率的な方法を考える必要があります。そこで、無理なく資産運用ができる方法として「積立投資(投資信託)」があげられます。



積立投資とは?

積立投資(投資信託)とは、株式や債券などの金融商品を合わせた「投資信託(投信)」を、一定金額で積み立てをしながら購入する方法です。
基本的には毎月積立するものが多く、積立金額は低いものであれば100円程度からでも始められます。
投資信託は株式投資やFXなどのハイリスク・ハイリターンの資産運用と違って、長期間の投資で資産を増やしていくことが基本となる金融商品です。その投資信託を積み立てて購入していくことで、大きな資金を必要とせず、目標の金額に向けて気軽に資産運用をスタートすることができます。



コツコツと


積立投資のメリット

第一に、少額から投資が可能なことです。
株や投信などを個別に購入する場合には、一口100株などまとまった株数もしくは決められた口数に応じた金額を用意する必要があります。そのため以前までは、まとまった資金が用意できないと投資は難しいというイメージがありました。
しかし、投信積立(積立投資)では1万円、2万円などを毎月積み立てで購入できるので、少額から投資を始められます。販売会社・銘柄によっては、最低100円程度から投信積立を始められるため、ご自身の経済状況に合わせて無理なく投資を始められるというメリットがあります。



無理のない金額で始められる


預金と違って売却益が期待できる

近年では銀行預金で低金利が続いていて、金利での収入に期待しにくい状況があることに加え、インフレでお金の価値が下がってしまった場合、銀行にお金を預けておくことにもリスクが伴います。投信積立の場合は、合計の積立金額と比較してプラスの収益であれば、投資信託を売却することで売却益を出すことも可能です。ただし、投信積立は投資なので、銀行預金のように元本が保証されているわけではありません。それでも利益が出る場合は、銀行に預金をするよりも、リターンの金額が大きくなる可能性があります。
銀行預金ではお金が増えない、けれどFXや株式投資のようなリスクが大きい投資は避けたいという方にとって投信積立のメリットは充分ではないでしょうか。



売却益が期待できる


さまざまな金融商品に分散投資ができる

ファンドによって、投資信託は株式や債券などさまざまな金融商品を組み合わせて運用が行なわれているものがあるので、基本的に積立投資(投資信託)を購入していくだけで分散投資になるというメリットがあります。たくさんの金融商品に投資したり、値段の上下の激しい投資をすることは手間がかかり、管理も大変です。しかし、バランスを取って組み合わせている投信を購入する場合、それだけで分散投資をしていることになります。ただ、バランスよく複数の投資対象を振り分けている投信は手数料が高い傾向もあります。

一方、株式や債券だけで構成されている投資信託もあり、これを利用する場合は自分で分散投資する必要がありますが、手数料を抑えることができるメリットがあります。投信積立を行なう場合、バランス型のファンドを購入するのか、様々な投信を自分で選定し組み合わせ、手数料を抑えながら自分自身でバランスをとった投資をするのかなどの判断が求められます。



分散投資


ドルコスト平均法って?

ドルコスト平均法のメリットとデメリットを説明


ドルコスト平均法と聞くと難しく感じるかもしれませんが、簡単に一言で説明すると「金融商品を定時定額購入すること」です。例えば、投資信託を始めるために12万円を資金として用意したとき、普通なら欲しい銘柄を一度に買おうとします。しかし、ドルコスト平均法では、毎月10日に1万円ずつ同じファンドを買い続けるなどして、12万円を1年(12ヶ月)に分けて使う投資方法です。


ドルコスト平均法=決まった時期に、決まった金額分購入する


ドルコスト平均法=決まった時期に、決まった金額分購入02


必ず1年でドルコスト平均法の方が有利になるとは限りませんが、長期的に続ければ一括で買うよりも低い単価で多くの口数を買うことができる可能性があります。



ドルコスト平均法のメリット


ドルコスト平均法は、どんなに相場が変動しても、毎回の購入金額は同じです。
そのため「単価が安いときは多く買えて、逆に単価高いときには少なく買える」という特徴があります。たまたま高値で買ってしまった日があっても、次回以降に安く買うことができれば、平均取得単価(個別元本)を下げることになります。
自動で少額から買えることも、投資を長期間続けるうえで魅力的なポイントです。


ドルコスト平均法のデメリット


ドルコスト平均法は高値買いのリスクを減らせますが、安値の時に大量買いもできないという特徴を持っています。一発大量買いで大儲けを狙ったり、デイトレードのような短期売買をするには、ドルコスト平均法は向きません。そして、ドルコスト平均法を使う上で注意しておきたいのが、手数料です。
投資信託の場合は「ノーロード」のものを選べば購入手数料はかからないので、意識しておくと良いですよ。また、信託報酬のパーセンテージが少ないものであれば、手数料は安く抑えることができます。
手数料については商品によって決まっており、1%でも高いと言われていますが、3%以上の商品もたくさんあるので、長期投資では控えた方が良いと思います。


ドルコスト平均法はどんな人がおすすめ?


ドルコスト平均法を使用すると、低賃金・低リスクで投資を始められるので、初めてでも無理なく続けられる投資方法になります。忙しくて、タイムリーに相場チェックができなくても、自動積立なら自動的に購入してくれるのでマイペースに投資を続けることができます。そして、ドルコスト平均法なら投資信託がオススメ。どのイン結城間でも自動積立できる銘柄が豊富に揃っていますし、キャンペーンなども頻繁に行われています。
さらにおすすめなのが、複数の銘柄を購入する分散投資です。株・国債・不動産など、あらゆる分野に投資してリスクの分散を行うことができます。株で同様の方法をとろうとすると大金が必要ですが、ドルコスト平均法では少額で投資できるので、より幅広い市場に長期投資できます。




投資信託・ドルコスト平均法の詳しいアドバイスは
お気軽にお問合せください。


大切なのは、早めに!コツコツ!分散して!

scroll